スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙 解禁範囲の議論始める 与野党協議機関(産経新聞)

 インターネットを利用した選挙運動の解禁に向けた与野党協議機関の初会合が23日、国会内で開かれた。5月10日までに各党の解禁案を持ち寄ることを確認した。初会合では民主党がホームページ、電子メール、ブログ、ツイッターの4項目について、政党▽候補者▽その他(地方議員など)-の3主体ごとに解禁するかどうかの判断を示すよう各党に求めた。

【関連記事】
ネット選挙 参院選から解禁 適用範囲の議論スタート
ネット選挙運動 夏の参院選から解禁へ
与野党、ネット選挙解禁法案を5月末までに国会提出へ
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
民主党、ネット選挙準備に着手 参院選想定し攻勢へ 動画など充実

邦人1人が軽傷=タイ爆発事件(時事通信)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)
無免許バレ高速ラン 車乗り捨て200メートル 現行犯逮捕(産経新聞)
普天間移設 米次官補来日 徳之島案を来週協議 ヘリ部隊分散を念頭か(産経新聞)
脱毛症治療に初のガイドライン―皮膚科学会(医療介護CBニュース)

地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)

 鳩山首相は15日朝、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で自ら公約した「5月末決着」について、米国と、移設先の地元自治体の双方の合意を得た形で移設先を決めることだとの考えを改めて明言した。

 首相公邸前で記者団に述べた。

 首相は記者団に「『5月末決着』とは、米国と地元の合意を得られた唯一の案が発表されることか」と問われ、「決着は決着だから、その通りだ。『これで行こう』という方向が(米国、地元ともに)互いに認められた状況を何としても作りたい。オバマ米大統領にも直接協力を求めた」と述べた。大統領の反応については、「感触は感触だ」と述べるにとどめた。

 沖縄での「県内移設」を軸に鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転などを組み合わせる政府案に対し、米国と地元は極めて否定的で、5月末までの合意形成はほぼ絶望的となっており、「首相は退路を断った」との見方が出そうだ。

 これに対し、平野官房長官は15日午前の記者会見で、「『(米国や地元の)合意』の解釈には幅がある。5月末までに技術的な詳細も含めて全部終わっていなければ合意や理解でない、という認識には立たない」と述べ、首相の主張するような「決着」を5月末までに実現するのは難しいとの考えを示唆した。

普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)
<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響-気象庁(時事通信)
<名古屋市議会>条例に基づく初の報告会 市民100人参加(毎日新聞)
沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)

富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)

 富士通の野副州旦(のぞえくにあき)元社長の辞任問題に関連し、「反社会的勢力との関係が疑われる」とされ名誉を傷つけられたとして、投資会社「サンドリンガム・プライベート・バリュー」と同社の代表ら2人が15日、富士通の秋草直之相談役、間塚道義会長ら3人を相手取り、3億3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。

 投資会社は「報道等を通じて著しい社会的評価の低下が生じ、業務に多大な支障を来すことになった」と主張している。富士通は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。

<お父さん犬>名誉駅長に 福井鉄道・北府駅(毎日新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
<公訴時効見直し>刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付(毎日新聞)

「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」(スポーツ報知)

 平沼赳夫元経済産業相(70)、与謝野馨元財務相(71)らが10日、都内の  ホテルで会見を開き、5人の衆参両議院による新党「たちあがれ日本」の結成を正式発表した。平均年齢69・6歳の新党を“シルバー新党”と揶揄(やゆ)する世論に反発するかのように、与謝野氏は米国の詩人、サミュエル・ウルマンの詩「青春」を朗読。異例のパフォーマンスで、若さと情熱をアピールした。「反民主、非自民」を掲げ、“第三極”を目指す。

 応援団長(発起人のひとり)の石原氏を加えた6人が壇上にズラリと並んだ。まるで懐メロを奏でる往年のグループサウンズのよう。代表に就任した平沼氏は「政治生命を懸けて同志と力を合わせ頑張っていきたい」と表明。続いて、共同代表の肩書が付いた与謝野氏の口から出てきた言葉は「青春」だった。

 故・松下幸之助氏も座右の銘にしたというウルマンの詩を淡々と朗読。「青春とは人生のある期間をいうのではなく心のあり方をいう…人間は年齢を重ねたときに老いるのではなく、理想をなくしたときに老いるのだ…」。20歳年上の政治の師、中曽根康弘元首相(91)の友人から送られた詩。照れずに読み上げる姿は、青春の巨匠、森田健作千葉県知事(60)も真っ青だろう。

 3年前、平沼氏は脳こうそくを、与謝野氏は喉頭(こうとう)がんを克服して政界に生還した。大病を乗り越えた70代の青春宣言だ。古巣・自民党からは背信行為とみなされ、辞職要求が出されている与謝野氏は、「これまで職人かたぎで黙々とやってきた。たった一日のわがまま。ぜひお許しいただきたい」と話し、最後の挑戦に向けて「ファイナルファンタジーだよ」。プレーヤーが世界を救うゲームにたとえ、若さをアピールした。

 週明けにも、夏の参院選候補者の人選に本腰を入れる。比例代表と東京、神奈川、埼玉、大阪など都市部の選挙区で候補者を擁立する方針。現時点で擁立を検討しているのは、元自民党衆院議員で国土交通相などを務めた中山成彬氏(66)と、昨夏の衆院選で無所属で落選した橋本大二郎・前高知県知事(63)。平沼氏は「来るべき選挙で活躍してもらいたい」と述べており、比例代表で出馬する見通しだ。また、自身と会派を組む自民党離党組の小泉龍司、城内実両衆院議員に関し、「『後援会の了承を得られれば参加したい』と言っている」と語り、今後の合流に期待を示した。

 ◆サミュエル・ウルマン(1840~1924年)米国の詩人、教育者、実業家。ドイツ生まれのユダヤ人で迫害を避けるため渡米。荒物商をしながら文筆活動をした。詩「青春(YOUTH)」は、80歳で自費出版した「80歳の歳月の高見にて」に収められている。

 ◆「たちあがれ日本」アラカルト
??▼代表 平沼赳夫
??▼共同代表 与謝野馨
??▼他の党員 園田博之、藤井孝男、中川義雄
??▼応援団長 石原慎太郎
??▼結党趣旨 〈1〉打倒民主党〈2〉日本復活〈3〉政界再編
??▼党綱領 〈1〉自主憲法制定〈2〉持続可能で透明性の高い行政を実現〈3〉持続可能な社会保障制度の実現と経済成長力強化と雇用の創出〈4〉資源戦略の確立〈5〉環境型先進国家の実現〈6〉国を愛する教育の振興〈7〉「選挙のための政治」の否定
??▼ロゴマーク 日の丸、海、富士山をイメージし「荒波をかきわけて進む」との思いを込めた
??▼英語表記 the Sunrise Party of Japan(直訳すると「日本の日の出党」)

 【関連記事】
森田知事、酒井被告に「まず頭下げるべき」
森健知事、後輩心配「法子連絡して」
「たちあがれ日本」結党、与謝野氏「反民主、非自民」
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党
平沼赳夫 与謝野馨 財務相 を調べる

避妊具自販機投資募る=970人から10億円集金か-岐阜県警(時事通信)
<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
鳩山首相「邦夫議員とは一切連絡とっていない」(産経新聞)
工藤会会長宅を捜索=ビル発砲、関与の疑い-福岡県警(時事通信)

沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先決定に当たり地元の了解を前提とする方針を党首討論で表明したことに関し、「沖縄はじめ全国の国民の理解を求めるということで、まさに文字通り、理解を求める。これに尽きる話で、あとは全部、政府にお任せいただきたい」と述べた。首相公邸前で記者団が「何をもって沖縄県民の理解を得たと判断するか」と質問したのに答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
退路断った鳩山首相=普天間、5月決着に展望なく
鳩山首相、温暖化対策を柱に=政権公約会議が初会合
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)
両陛下、田園地帯を散策=静岡(時事通信)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
【教育】「好奇心」より「空気読む」のを優先? 親と子の意識調査(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。